カウンセリングにて

昨日は カウンセリングの日でした。

 

そして 初めて私の母も一緒に部屋に入りました。

 

実は 先生からは親と話してみたいと言われてたのですが 母が嫌がってましてね。

 

ADHDの本を 母が見てからクリニック送迎はしてくれるものの クリニック内に入らなくなったんですね。

 

何か母にとって都合の悪いことが記載されてたのだろうか。

 

カウンセリング中も 殆ど母が話してたような気がする。。。。(笑)

 

解離性障害の話から 多重人格の話になったときは 興味津々で先生の話を聞いてたけど。

 

一番分かりやすい例が24人の人格を持つビリー・ミリガンですね。

 

先生からも 動画があるので例として観てみて下さいと言われてました。

 

自分も解離性障害ですが まだ解離性同一性障害と診断された訳ではないです。

 

自分が自分じゃなくなる感じがする。

意識が飛んだはずなんだけど行動、作業などしていた形跡がある。

我にかえったら違う場所にいた。

意識が飛んでいる最中 白い(光)空間、黒い(闇)空間の中に自分の意識がいることがある。

仲良しだった友人、近所の人から (私が何かしたのか?何か言ったのか?)ある時 突然無視される。

 

などの症状から 解離性同一性障害の疑いも視野に入れているといった感じです。

 

意識が飛んでいる最中 普段通りに会話などできているようなので 完全に人格が変わっている訳ではないようです。

 

だからこそ 周りからは普通だと言われます。

 

母からは 意識が飛ぶという感覚が分からないとカウンセリング中に言われましたが 実際、母も意識が飛んだことがあるんですよね。

 

その時のことも覚えてるのに知らないふりして 淡々と話して。。。

意識が飛ぶ=仮眠してると 母は思ってるらしいです。

 

私は意識が飛んでも倒れることがないので 仮眠とは違うような気もしますが。。。

 

先生も 母と会話すると ちょっと話が合わないと思ったのか 次回からは個人的に話しましょうと 私に言ってきました。

 

私も 母がいると ちょっと話ずらいかもと思いました。

 

次回のカウンセリングは2月1日(月)です。

 

その前に 1月30日に診察があります。

 

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

This entry was posted in 病気や症状について and tagged . Bookmark the permalink.

One Response to カウンセリングにて

  1. たか says:

    ビリー・ミリガンは有名ですね。。。
    『アダムストークス発作』とかは調べてみられたんでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA