菩提寺と今後

今回は 菩提寺と今後についてです。

菩提寺とは 代々そのお寺の宗旨に帰依して先祖の位牌を納めてあるお寺。

うちは分家なのですが 本家と同様に日蓮宗 本立寺の檀家になります。

現在の私の家族は 祖母、両親、妹、娘、私です。

私の父以外は 全員女なのです。

今後 高齢である祖母から順番に他界したとして 私と妹が再婚せず 私の娘も なかなか結婚しなかったら 私の娘がかなりの重荷を背負うことになります。

格式が高ければお布施も高くなりますし。。。。

実際問題 お世話になってる菩提寺さんは高いです。

祖母も父も年金生活ですし 母はパート 妹と娘は仕事してます。

私は病中の為 仕事してますが 3時間程度です。

現在は核家族化して 無宗教、若しくは 無宗教だけど仏式で葬儀がしたいとのことで 葬儀社さんに読経お願いするお寺様を紹介して頂くこともできます。

今後 社会的にも経済的にも 世の中が、日本がどうなるか分かりませんが、

物価が上がったり 消費税増税があったりと 余裕が無いのが現実です。

祖母も介護や医療費にお金掛かってますし 私も医療費がかなり掛かってます。

私個人としては 自分が死んだら火葬式で遺骨全て散骨でもいいと思ってます。

そして先祖代々のお骨は永代供養墓へ。

母も散骨でいいかなと言ってましたが、祖母だけは菩提寺さんにお願いしたいようです。

やっぱり他界しても祖父と一緒にいたいのかな?

でも 祖母より私が先に死んだら 終活する前に家族に迷惑掛けてしまうんですよね。

祖母は要介護4ですが かなり口は達者です。

すごく長生きしそうな感じです。

テレビでも団塊世代の方々の終活について放送しているのを よく観るようになりましたが、やはり 核家族化が進む中、脱檀家計画をされてる方が増えてるようにも感じました。

勿論 先祖代々守ってこられたお墓は必要だと考える方も まだ たくさんいらっしゃるかと思います。

お墓が無くなるのは寂しいとも思います。

でも 男兄弟もいませんし 現状を考えると仕方ない部分もあるのです。

私と妹が再婚し、娘が結婚すれば、私の両親で終わりです。

数年前から母とはお墓のお引越し(改葬)を考えてたのですが 祖母が反対なんですね。

祖母がいる限り 菩提寺については 私個人の意見では どうにもならない。

祖母より長生きしなければと思う今日この頃でございます。

[ad#ad-1]


This entry was posted in 今後について and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA