髄液採取の恐怖

私が入院している医師と看護師は ある意味 恐ろしい

何故なら 患者が不安になるようなことを 平気で大きな声で言うからだ

今でも あちこちで看護師と看護師の会話
看護師と医師の会話が聞こえる

私が最も恐怖だったのが髄液採取の時

担当医ぢゃなく若手医師と看護師が採取しに来た

その時の2人の会話

若手医師 「これ やったことある
看護師 「はい」

若手医師 「何本採るって書いてある

看護師 「3本です」

若手医師 「ぢゃ 一応5本採っておいて」

……………………

若手医師 「3本持って行って 1本保存ね」

……………………

あと1本はと思った
っていうか 若手医師 初めての髄液採取体験かぁ

その2日後に担当医が もう一度 髄液採取しに来た

私は研究材料…


This entry was posted in ★病気★. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA