メニエール病の薬

今日はクリニックでした。

最近は メニエール病の為の耳鼻科に行ってなかった。

歯科や皮膚科にも行ってたけど お金掛かっちゃって行ってない。

 

ということで 心療内科でメニエール病の薬も処方してもらいました。

そして 他の薬も少し変更しました。

 

今回の薬は

☆ビペリデン塩酸塩錠1mg(朝食、夕食後各2錠)

手足の震えを抑えたり筋肉の緊張をほぐす薬です。

副作用は 口渇、吐き気、嘔吐、食欲不振、胃部不快感、下痢、便秘、口内炎、尿が出にくい、発疹、幻覚、不安感、目が覚めない、もの忘れ、血圧低下、血圧上昇等。

 

☆クエチアピン錠25mg(朝食、夕食後各0,5錠)

強い不安感や緊張状態を取り除いて気分を安定させる薬です。

副作用は 不眠、傾眠、便秘、倦怠感、体重増加等。

 

☆ベタナミン錠10mg(朝食後1錠、昼食後2錠)

気持ちを楽にして意欲を高める薬です。

急に眠ることを抑える薬です。

副作用は 不眠、口渇、食欲不振、吐き気、便秘、胃部不快感、動悸、発汗等。

 

☆コンサータ錠36mg(朝食後1錠)

注意欠陥、多動性障害の治療に用いる薬です。

副作用は 食欲不振、不眠、顔や手足が意志に反して動く、頭痛、腹痛、吐き気、発熱、体重減少等。

 

☆レクサプロ錠10mg(夕食後2錠)

気持ちを楽にして意欲を高める薬です。

副作用は 倦怠感、頭痛、傾眠、めまい、吐き気、腹部不快感、下痢、口渇等。

 

☆ピーゼットシー糖衣錠(朝食、夕食後各1錠)

悪心、嘔吐をなくします。

強い不安感や緊張状態を取り除いて気分を安定させる薬です。

めまいや耳鳴りを鎮める薬です。

副作用は 下痢、便秘、物が見えにくい、口渇、鼻づまり等。

 

月1回のエビリファイ注射してきました。

 

最近は立眩みが酷いので メニエール病の薬を処方して頂いて 良くなるといいなと思ってます。

 

次回のクリニックは 3月4日です。

 

 


This entry was posted in 病気や症状について and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA